山中教授の警笛に

  • 2020.04.03 Friday
  • 07:59
iPS山中教授が危機感「このまま終わると思えない」 https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000180768.html



と発信くださいました。

沁みます…

行政でお仕事をし、医療現場で感染と向きあったことがある端くれとしましては、

病原性が今までと異なる様子が明らかになってきたコロナウィルスでは、

山中教授の提言は、医学的にも社会的にも刺さります。

検査をこのまましないで、'ファクト'が見えない対策をしていく場合、シナリオとしては、ほんとに'大変'な厳しい事態になる未来が想像できます。

薄々わかっていても言えない'空気'の感染の方も気になりますが…

さすがに対策により、 死亡者の数、桁が違います。

…言わざるえない。

難病患者の対策も データ・日本型の'縛り'・具体策… 似てます。

困っている患者がいますが、 当事者になってはじめて映る この国の姿があります。

日本型の検査の'縛り'により、症状が悪化しないと検査されない状態におかれた方々は、 非常につらい立場にたちます。

どのくらいの未検査患者がいるか…病原性が強いコロナウィルス患者が動いていてもわかりません。 今はここに脅威があります。

医療現場内では、職員の感染が増えると、まわせなくなります。

インフルエンザでさえ、持ち堪えるのが大変だった経験がありまして、

精神的に終わりが見えないような戦いをしていくことになる対象病院は、このウィルスの感染期間の長さ、感染力の強さを前に、相当なタフさを要求されます。

持ち堪えられない場合は、 他国で起こった手がつけられない患者の死亡者数の加速度的増加が起こる このままいくと、もはや現実化することが見えてまいります

山中教授のメッセージ、その警笛に耳を傾けたいと思いました。

山中教授が出した「5つの提言」
1つ目の提言では、「今すぐ強力な対策を開始する」

日本の検査数が世界の中でも特異的に少ないことについて触れ「感染者の急増はすでに始まっていると考えるべき」

2つ目の提言では、「感染者の症状に応じた受入れ体制の整備」

具体的には「無症状や軽症の感染者専用施設」と「重症者、重篤者に対する医療体制の充実」


無症状や軽症の感染者専用施設では、予約が激減しているホテルや企業の宿泊付き研修施設やジムを、ストレスの軽減や無症状者の自治的活動などに活用する。

3つ目の提言では、提言2の実行を前提とした「徹底的な検査」
PCR検査を限定的にしか行なっていない現在の状態では、無症状感染者からほかの人への2次感染のリスクが高まり、過小な感染者報告は厳格な対策への協力を得られない。

4つ目の提言では、「国民への協力要請と適切な補償」を要求。自粛期間はワクチンや治療薬が供給されるまでの長期戦になることから、休業等への補償、給与や雇用の保証を必須とした。

5つ目の提言では、「ワクチンと治療薬の開発に集中投資を」。アメリカなどの他国で開発されたとしても、日本への供給は遅れたり、高額になる可能性があると懸念の色を示した。また、現在効果を期待されているアビガン等の既存薬も副作用の心配があるとして、新型コロナウイルスの特性に応じた新薬を作る。

そして「批判されることは覚悟で…」とも。

それでも、発信しないといけないのは、人命がかかっているから。

山中教授のメッセージに 深く共感です。

https://www.covid19-yamanaka.com/sp/

https://note.com/one_open


https://twitter.com/@ryuji_nakagane


https://ryujinakagane.amebaownd.com/

ONE ON YouTube

  • 2020.04.01 Wednesday
  • 07:07
よろしくお願いいたします。
よろしければ、チャンネル登録いただき
応援いただけますと

励みになります。




https://youtu.be/lMH88x0RmLs


https://youtu.be/SW9qzhnmi1M




https://youtu.be/2EFSM5Uelws





https://youtu.be/OEaabawsAFg









https://youtu.be/torBtI6HYx4





https://note.com/one_open





https://twitter.com/@ryuji_nakagane


https://ryujinakagane.amebaownd.com/

ONE ON ファイル 04 後編

  • 2020.03.27 Friday
  • 16:32
https://youtu.be/imb2d1MP8FI





ONE ON
ファイル04 アップいたしました。

ご視聴いただき、
よろしければチャンネル登録いただき
ご覧いただけますと励みになります。

どうぞよろしくお願いいたします。




https://note.com/one_open





https://twitter.com/@ryuji_nakagane

ONE ON file 03. 人と、働きたい、と物語

  • 2020.03.26 Thursday
  • 16:22
●お知らせ





https://youtu.be/y8yJqGXVxwY
動画

YouTubeのONE ON
、更新しました。

よろしければ、ご視聴いただければと思います。

また、ご興味をもっていただけるようでしたら、
チャンネル登録いただけますと、
励みになります。

よろしくお願いいたします。




https://twitter.com/@ryuji_nakagane


https://note.com/one_open

難病患者の'働く'準備セミナー on-line

  • 2020.03.25 Wednesday
  • 11:51
難病患者の'働く'を考えるセミナー on-line.

3.29 開催いたします。
https://onepeople.amebaownd.com/posts/7880830



オンラインセミナーを開催させていただきます。

よろしくお願いいたします。




支援・資源マップでご自身のがどの支援・資源が使えるか、
対象か、
など把握いただければと思います。

視聴のみで顔だしは必要ございません。
質問いただくことは可能です。




twitter


https://twitter.com/@ryuji_nakagane https://note.com/one_open

ONE ON file02. 難病患者の働くを考える座談会

  • 2020.03.23 Monday
  • 21:52



https://youtu.be/26BHTfSE8dY

YouTube ONE ON

file02. 懇談会の一枚






ONEの動画徐々に配信 ONE ON

  • 2020.03.22 Sunday
  • 23:04
就労支援ネットワークONEの動画配信がはじまります。





https://youtu.be/gpwqtpkSk2I

こちらは、YouTubeでの動画からの配信。

毎回、セミナーや研究会、
研修で使用した資料やパワーポイントなどから、今日の一枚を選び、


コンパクトにお話をさせていただきます。

また、ニュースや座談会のこと、
お知らせや、レポートや対談など、
owned Media 『ONE ON』より、
お届けいたします。


ライブ配信などもやってみたいと考えています。


チャンネル登録いただき、
応援視聴いただけますと
励みになります。



パワーポイントをそのままYouTubeから配信したり、
ホワイトボードや
紙芝居形式、
いろいろ試してみたいと思っています。

内容に関しても、
一枚の資料の説明
インタビュー
ニュース

告知など、
取材など、ONEのMedia
ONE ON
からお届けできればと思います。





<
是非、チャンネル登録いただき
気長にご視聴いただけますと、励みになります。

また、動画からご質問に答えるライブ配信なども考えています。

どうぞよろしくお願いいたします。

難病患者の方々の体験 リミー

  • 2020.03.14 Saturday
  • 20:21







https://reme-nomal.com/

難病患者の方々の、リアルな声をお伝えできないものかと

あれこれ考えておりました。


就労支援ネットワークONEのサイトや
動画より、配信する準備をすすめるなか、


リミーさんとコラボしつつ、


難病患者当事者のリアルな声をお届けさせていただいております。



私が聞いたお話は、就労相談の際の
おそらくほんの一部、

さらに、職業相談なため、

もっと困っている日常のことや
想いなんかも、たくさんあるんじゃないかと、


難病患者の'働く'を考える座談会を開いた際に、


細かなニュアンスや情報が残る事例が見たい、


そんな声を難病患者からいただきました。



すぐに事例を当事者の方々にお書きいただけるように、書式をつくりp pdfにしてサイトに添付しましたが、

なかなかハードル感が下げられず、
集まりがよくありません。




リミーさんのスタッフによりインタビュー、カメラマンによる撮影、



しっかりとお届けできる仕組みが

また一つできました。



これから、たくさんの方々に応援いただけるよう、




益々、たくさんのリアルな声


Voice


をお届けできればと思います。



ツイッターや
サイトをリンクいただくなど、
また、どなたかにお知らせいただけますと、ありがたいです。




非営利な社会事業者として、
一歩一歩、民間のなかの理解者、賛同者を探して、
広げてまいります。




リンク応援
お仕事依頼応援


具体的に協働応援


よろしくお願いいたします。


就労支援ネットワークONE

中金竜次





ご連絡:
goodsleep18@gmail.com









就労支援ネットワークONE +
https://onepeople.amebaownd.com/




https://twitter.com/@ryuji_nakagane

新型ウィルスと雇用のQ&A

  • 2020.03.08 Sunday
  • 07:22




こちらは、厚生労働省のホームページでみれる、新型コロナウィルス感染症対策と雇用のQ&Aより、


<年次有給休暇と病気休暇の取り扱い>
問6 新型コロナウイルスに感染している疑いのある労働者について、一律に年次有給休暇を取得したこととする取り扱いは、労働基準法上問題はありませんか。
病気休暇を取得したこととする場合はどのようになりますか。


年次有給休暇は、原則として労働者の請求する時季に与えなければならないものなので、使用者が一方的に取得させることはできません

事業場で任意に設けられた病気休暇により対応する場合は、事業場の就業規則などの規定に照らし適切に取り扱ってください。
なお、使用者は、労働者が年次有給休暇を取得したことを理由として、賃金の減額その他不利益な取扱いをしないようにしなければならないことにご留意ください。





中金
ここでは、新型ウィルスにより、一律に有給休暇で対応することは
適切ではなく、
病気休暇での対応に触れています。


しかし、
ここで困るのは、
中小企業

病気休暇制度が一部をのぞいて、ない企業も多い状態、




病気休暇は、特別休暇制度の中に含まれますが、

夏季休暇、病気休暇等の特別休暇制度か?ある企業割合は 59.0%(平成 30 年調査 60.3%)となっ ています。



これを特別休暇制度の種類(複数回答)別にみますと、
「夏季休暇」42.9%(同 44.5%)、
「病気休暇」25.7%(同 25.5%)、

「リフレッシュ休暇」13.1%(同 12.4%)、

「ホ?ランティア休暇」 4.5%(同 4.3%)、「教育訓練休暇」5.8%(同 4.2%)、「左記以外の1週間以上の長期の休暇」14.4% (同 14.8%)







以前から、病気休暇制度を限定せずに、法定休暇制度にする


のがいいと考えていますが、


それは、治療をしながら就労を考える対象が就労世代広く対象となること、

治療や通院のために、定期的に有給休暇で対応している方々、がんも難病も、長期慢性疾患もと、対象者が多く
しかし、実質的には、有給休暇で通院をしているケースが多い

不整合な制度に基づき、
困っている国民が多くいる状況は 社会の仕組みで考える必要があります。

実際的な状況、理由を今労働の場面で起こっていることの中に見出すことができます。






▽就労支援ネットワークONE https://onepeople.amebaownd.com



▽難病患者の就労のご相談 https://requ.ameba.jp/products/38632

難病患者の働くを考える座談会 on-line

  • 2020.03.06 Friday
  • 23:51

大変お待たせいたしました。
難病患者の'働く'を考える座談会 on-line を開かせていただきます。
先日も、テレワークマネジメントさんのサポートを受け、30名以上同時にon-lineのテレワークセミナー開かせていただきましたが、
大規模への挑戦は、テレワークマネジメントの倉持さんや佐藤さんの力なくしては実現できなかったプロジェクト、 しかし、ここからは、ONEもon-line一人歩きしていきます。
【参加お申込み】
1.難病患者の'働く'を考える座談会 コミュニティより お申込みはこちらから ↓



https://oneone.doorkeeper.jp/events/104933






2.ピーテックスからもお申込みいただけます。



https://peatix.com/event/1443745




参加お申込み後、メールをお送りいたします。
ご参加にあたりまして
・ZoomはiPhone・PCより参加いただけます。
・オンライン会議ツールZoomインストールをお願いします。
・お申し込みいただきました皆様には、参加URLを追ってお送りいたします。
・ご不明な点はなんでもご質問いただければと思います。
on-lineになり、全国どの地域からもご参加いただけます。
https://onepeople.amebaownd.com









ご相談: https://requ.ameba.jp/products/38632

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

selected entries

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM