寒いと浮腫みやすくなりますねぇ

  • 2014.02.11 Tuesday
  • 14:52


寒いですねぇ。ゆき





冷えるだけで、体はストレスと感じる生き物。



交感神経は優位になって、緊張感が体全身に出てきますし



血管が収縮する傾向があるので、



血液やリンパ液の流れが滞りがち





つまり、疲労物質もたまりやすく



コリや疲れもたまりがち



とくに免疫にかかわるリンパ液の滞りは



この時期感染を引き込む要因の1つになってきますね







寒くなると感染しやすくなるのも





こういった交感神経の働きや、それからくるリンパ液の流れの滞りなども影響があります



そんなときは、ゆっくりと冷えた体を温めるべく



ひとっ風呂、、といきたいところ、、





お風呂に入ると体のムクミがとれるのは



体温の上昇によって、リンパの流れが良くなったからなんですね





血液は体内を1周するのに、40秒くらいしかかかりませんが





リンパ液は、なんと12時間・・・もかかるんですね。





そう、リンパ液は、とーーーーてもゆっくり流れるので



寒くなったり、長時間椅子なんかで圧迫したり、筋肉運動をしないと



滞ってしまいやすいんですね。



リンパ液が下のほうに溜まりやすい特性があるので、



足(下方)の方がむくみやすくなります、、、



ムクミをとるには、



ふくらはぎをもんだり、動かしたり



あっためたり




重力に逆らうように、ちょっと高くあげて寝たりすると



軽くなったりします。





もうちょっと細かくみますと





浮腫み=リンパ液の流れの滞り



なので



体内の老廃物がスムーズに回収されくなり



皮下組織に溜まってしまうんですね。



これが『浮腫み』なわけです。



浮腫みは医学的な言い方ではなく、医学的には『エデーマ(浮腫・ふしゅ)』といったりします



専門職のあいだではこんな呼び方をしていますね。



浮腫がひどくなると組織液がうまく吸収されなくなるので



リンパ液の中の抗体や、免疫供給細胞のリンパ球の供給が滞って





免疫力が低下するんですね。



疲労が強くなったり、皮膚に傷ができたりすると細菌感染や、アレルギー反応などが起こりやすく



なるというメカニズムがあります。







こういった浮腫みは、





男性よりも女性の方が強くでる傾向があります。



血液や、リンパ液を動かすには、筋肉の動きがポンプのようになって、外側から圧力になって動かしたりしますが。



男子の方が筋肉が多いんですね。



あとは、



エストロゲンやプロゲステロンのよう女性ホルモンが体内の水分の流れをよくする働きがあるんですが



生理前になると、女性ホルモンの分泌が低下し、



頭痛やイライラ、浮腫みなんかが出やすくなるんですね。悲しい





病院 POINT



?体をあたたかく



?筋肉が動くポンプ運動を行う



?マッサージ・ストレッチを都度行う



?高さを利用して液が流れるよようにする

























































































































コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック