想いのフォルダ。マギーズ東京へ

  • 2017.03.16 Thursday
  • 20:53


久々なゆりかもめ。

いやぁ、ビルだらけだなぁ。

この先が豊洲か…

とブツブツ…
以前から気になっていた
ゆりかもめは市場前から徒歩3分

マギーズ東京にお邪魔しました。



昔から
気になった人には会いに行く習性のようなものがあるのですが、 意外と、会いたいと願った方々には、その後お会いすることになることが不思議と多く、

描けたことの70%は実現したも同様…
と17歳のときに見つけたカーネギーさんの本の中の言葉は、いまだに深い信念に近いところに張り付いているのかもしれません。
まぁ、半分ほどは自分で会いにいっていますし、
まあまあ生きてくると
そんなに容易いものでもない現実とは直面してもきていますが、

願う

ひと粒種ほどの願いが、生活に変化をもたらしてくれる火種になるような…
今より少し豊かそうな未来に手が届くような希望にスルスルと繋がるような



お邪魔したときは、ある番組の撮影の最中でしたが、終わってのち、スタッフの方のご配慮で秋山さんとも少しお話をすることができました。
最初に共同代表の秋山正子さんを知ったのは、プロフェッショナル仕事の流儀、脳科学者の茂木さんの番組で、訪問看護士としての秋山正子さんでした。

同じ看護士として
患者さんと向きいながら、
実直なその姿に、映像とはいえ、刺激をいただき、
いつぞやかに、直接お会いしたいものだなぁ、とうっすらと『いつかお会いしたい人』と記憶の中にインプットしたのを記憶しています。



マギーズ東京は 意図して敷居が低くされていて 来る人全てをいらっしゃい、と迎えてくれる抱擁感が漂っていました。





マギーズ東京のような
難病の方々がふらりと立ち寄れて、
相談できたり、
専門家に出会えたり、


いろいろなボランティアがかかわれたり
さらに、仕事を開拓し
周知活動も誰の目も気にしないで全開でできる

そんな白昼夢のごとくイメージが、
思わず通りに面した不動産物件チェックしてしまいました。
(´-`).。oO
やはり、行きやすくて
適度に周りには自然があり
ちょっとしたイベントができる程度な広間は欲しい…
いやぁ、場所を据えるより、
こっちが動いたほうが、皆さんには便利かな?
ブツブツ。
こうしたイメージの想い種も すぐには芽吹きそうには今のところありせんから、

少しの間、種蒔きの季節がくるまでは、しまっておくとしましょう。




実は今、

がんの方々の就労相談のボランティアも自分の時間の中でですが、させていただいています。

僕の中では、
病気ごとに『割り』はありませんでして

人がいて

それぞれ病名があり
症状があり
治療や、
辛さなどがある。




今やっている難病の方々への就労支援のノウハウの一部は、
間違いなく、治療と就業の両立支援軸としての『がん』の方々の就労支援に役にたつ。
がんの周知がすすむなか、
周辺の就労支援の仕組みが整うことは、がん以外の治療と就業の両立を考える疾病のある方々にも有効性が高いと感じます。

医療から労働、就労支援に入って
企業方々と直接話をしたり、
毎年1000件以上の個別相談を受けたまわり、また雇用上必要な話を、企業に説明していきます。
br /> 昨年度と比べても、病気を開示した手元の数字では、就職は約3倍に増加しています。

どのように企業に開示をし、
当事者の方々が何をどんな風に準備をしたら就職がしやすいか、ノウハウが蓄積されてきているため、
やはり、そうした各窓口の支援でのノウハウなどは互いに共有しあえるのが、当事者方々の利益にかわると信じてやみません。



コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM