働くと、価値と。

  • 2017.08.16 Wednesday
  • 21:55


只今、11月のリハビリテーション原稿の締め切りが迫っているため、

仕上げの作業… たった4ページですが、 資料を今までのデータから統計としてコンパクトにまとめる作業をチョコチョコと

そんな自ら背負い込んだ原稿作業から逃れ
今夜は 都内は小山薫堂さんのORANGE BRAINERYにお邪魔し、グループディスカッションなどにも参加。

小山薫堂さんの企画の雰囲気やハッピーなあり方やサプライズ感もリスペクトで、こうしたチェンジメーカーな方々の発想や考え方をそばで感じられる機会は、とかく大切に感じられます



デザインや経済のスピードはとかく早く 発想も活性化して見えます
そうしたデザインやプロデューサーとして、ソーシャルデザインとしての観点を、
改善が必要な場面に持ち込む


あまり経済が反映されにくいが、実は非常に大切な課題が、この国には潜伏している

僕自身は、
見えにくいが、実は重要で、今は見えにくいが、
わかりやすく誰かか翻訳、あるいは可視化する必要がある大切なテーマが気になってしょうがない。
天邪鬼な性格ですが、

価値があると思えば、多少迷いながらも、 そちらを選びます。


最後は目を瞑って自らに問います。

何を大切にしたいのか?と。



翻訳には、 翻訳のされかたがあり、
誤訳の場合もあり、
バイアスがかかる場合もあるでしょう

不都合な事実は、見えにくい場所に置かれやすい





資本が入りにくい場所には、未だ手付かずにも見えるテーマがあちこちに見られる。
生計は体がくっついている以上考えなくてはならない、のっぴきならないテーマですが、
願わくば、自分にとって、
『価値があるのかどうか。』

誰かの笑顔が増えるだろうか
悲しみが減るだろうか、

困りごとを減らす為の変化を作り出せるだろか…
最近はそんなことばかり考えている。


このあたりが自分のキャリアアンカー
至極単純明解です。笑
大人げない…と思いますが…




今日のグループワークはある人の人生を感情移入しながら、これから15年の人生プランを考えて、発表する…みたいな内容でしたが、
グループになると、いただいたお題さえ、どう切り取るか、
人により捉え方もややまちまちで、面白いものです。


明日は
茅ヶ崎市の保健所で
難病の方々の就労準備セミナーをさせていただきます。
このあと他の市の保健センターでも開催を予定しています。


さて、
帰って明日の準備準備


コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM