ストレス考察

  • 2018.04.16 Monday
  • 23:20

ストレスのセミナーを以前仕事で担当していたことがあります。

当初、セミナーの構成や中身を仕立てていく過程で、

ストレスの説明を聞いても、なんだか抽象的でピンとこない自分がいました。

いったいストレスって何?


医療上がりは、こういうとき、解剖や生理、神経、臓器、ホルモンの分泌、神経伝達物質…どうしてもエビデンスや、
もう少しリアルに、そもそもの話…を紐解きたくなる衝動にかられます。

…個人的な性格によるところが大きいかと思いますが

だから、セミナーのなかで、ストレスが心身に与える影響がどうやって成るのか、神経系や内分泌系、免疫系などのお話から、話をはじめていましたが、


…これはあくまでも私見ですが、
ストレスマネジメントの話は、リアリティがないと、右から左にすり抜けやすいような、どこかで聞いたけど、役にたつ気がしてこない…

話をしている側も実感をもって話ができているといいのですが…



ストレスは人により様々ですが、
ストレスを受け、感じ、認識、察知すると脳の扁桃体という、不安や恐怖を感じたときに、真っ先に反応する脳の一部が、興奮してストレスに対処するように働きはじめます。

扁桃体から命令を受けた副腎という臓器が、『ストレスホルモン』という物質を分泌し、コルチゾールやノルアドレナリン、アドレナリンなどを分泌していきます。

これらの分泌物が身体のあちこちに、ストレス反応を生じさせる

コルチゾールは血流に乗り
脳に辿りついて、吸収されますが、コルチゾールの分泌を調整する働きもあるので、吸収されることで、ストレスホルモンのコルチゾールの分泌を止める働きがあるといわれています。

ストレスが増え、増強すると、このコルチゾールが分泌されつづけて、脳に吸収されないで、脳の一部の『海馬』を萎縮させてしまう。


海馬の役割は、
新しいことを学習する脳なんですが、ストレスホルモンの影響を受けやすく、神経細胞の突起が減少し、結果、萎縮していきます。

先ほども書いたように、海馬の役割は、新しい記憶を覚える短期記憶だったり、記憶の一次保管場所だったりなため、
新しいことが覚えにくくなる。



つまり、ストレス過多な状態になると、 我知らず、ストレスホルモンが体内で増加し、
ひとつな脳の一部の海馬というところにダメージが及び、
日常で必要な、記憶のエラーが起こりやすくなる


うつの症状としてのメカニズムの部分としては、こうしたプロセスがあるので、

細胞的回復という

時間やアプローチが視点としては
取りこぼせない



だから、回復には、時間が必要になるわけです。

気分や根性論ではなく、
細胞的な回復が必要なため、細胞の回復には時間が必要になるわけです。

このあたりの具体性があまり聞こえこない。


海馬がどうやって回復していくのか、
ストレスホルモンが増加しないために、何をどうしたらいいのか?



生きているなかで、
私たちの生活のなかでは、
様々なストレスが増えては消え、
ときに慢性化し長くストレスになる要因と向き合うことになる。


向き合わない、という手段もあるが、大抵、ストレスの類は、放置すると増えたり、増強する性質があるため、

だから、
ストレスに対しての『対処』という、スキルがあり、
それが自らに見合ったストレス対処、
いい変えると、ストレスコーピングといいますが、

染み込むように効果が出てまいります。


しかし、人は遺伝子として、ポジティブだったりネガテイブだったりがそもそもあるというのが、
遺伝子学の発展によら、数種類の遺伝子がうつの発症などにかかわりがあると分かりはじめていますから、


人により、
ストレスへの耐性が最初から高い人がいて、低い人がいるようですが、

じゃあ身もふたもない話じゃないか、
と思われるかもしれませんが。


医学的な対処が必要なところは当面医学にまかせながら、

今できる対処について、対処することで、減らしたり、楽になるものがいくらかある。


できる部分を、やれる部分があることに希望を感じ



僕自身、毎日、染み付いた、ストレスコーピング的な視点での暮らしにより、
僕自身は、たいしてストレス耐性は強くないのですが

多少、いや、かなり楽になっています。

こうしたことを知らないよりは、
知っていて、まぁ、合う合わないもあるかもしれませんが、
試してみるのも、ささやかな希望拡大行動なのではないかと、通勤電車のストレス状態のなかで、これを書きあげた次第です。


しばし、blogに集中でき、
イライラが減っていたかもしれません。


コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM